その生命保険本当に必要?節約女子におススメしたい生命保険の選び方

こんにちは!

ずぼライターのMIDORIです。

みなさんは生命保険に加入されていますか?

また、

その生命保険に月いくら掛かっていますか?

よく理解もせず進められるままに加入してしまった

生命保険はどれも同じだと思っている

とにかく不安なので複数の保険に加入している

生命保険に限らず、あらゆる保険は保証項目の多さ、専門知識を必要とする記載など、素人には理解できない部分がたくさんあります。

なので、「とりあえずおススメされたから入ろう」「どれも同じだから安い保険でいいや」「とにかく保証項目の多い保険に入る」など危険な保険の入り方をされている方が多いと思います。

まずは、そもそも自分には保険が必要なのかという所から疑問を抱いた方がいいです。

そして、本当に必要だと感じられた方だけ加入する事をおススメします。



ずぼら女子流・保険の選び方

現在の年齢から保険を考える

あなたは現在おいくつでしょうか?

20代、30代、40代・・・年齢は様々だと思いますので、間をとって現在30歳の女性の方を例としてお話していきますね。

現在30歳の女性が『今後20年以内にガンと診断される可能性』は何割ほどだと思いますか?

2割?3割?

実際は、“1割にも満たない”というのが本当の所です。
*国立がんセンター研究センターガン対策情報センター「最新ガン統計」参考

30代女性が60代になるまでガンと診断される確率は5%です。

不安を煽るようなCMを見て、思わず加入してしまった方はいませんか?

「2人に1人がガンになる時代」の根拠は生涯を対象としているもので、そりゃ80歳、90歳にもなれば何かしらのガンを患っていてもおかしくないです。

保険会社に乗せられて“働き盛りにガンになってしまっては困る”と加入する若い方達が本当に多い。

なんとなく加入してしまった方は、もう一度自分のライフスタイルと照らし合わせて検討する必要があります。

でも、もし自分がその一割に入ってしまったら?

そう不安になられる方も、勿論いらっしゃいますよね。

そこで、保険に加入した方がいい方の目安があります。

預金100万円以下なら保険に加入した方が良い

実際にガンになってしまったと想定して月にどのくらい医療費がかかるかご存知ですか?

50万?100万?

もしも、手術や抗がん剤治療でどんなに高額な治療費が掛かってしまっても、実際に支払う金額は大体9万円(年収によってはこの金額よりも安くなる)ほどで収まります。

理由は『高額療養費制度』というものがあるからです。

高額療養費制度とは病院窓口で支払う医療費を一定額以下にとどめる為の制度。『健康保険加入者』『国民健康保険加入者』であれば誰でも利用することができます。

100万円掛かってしまってたとしても、健康保険適用内の治療なら上限を超えた金額は払い戻しを受けられる”ので安心ですよね。

なので、余裕をもって100万円の預金、最低でも50万円の預金がある方は生命保険の加入は必要ない事になります。

月に1万円の保険料を支払っている方なら浮いたお金でフィットネスジムに通ってもいいですし、食事の内容を見直して健康的な食事内容にシフトするという選択肢もあります。

もしもの時のための保険ではありますが、そのもしもの確立を減らすことはできるんです。



予防医療のススメ

生命保険代が浮いたら、上記でも書いたように自分で病気を予防することができます。

病気になりにくい身体作りをしたり、野菜をたくさん取り入れた食生活をしたり、また趣味にお金を掛けるというのも良いですね。

ガンの大半は『ストレス』が原因。

趣味の時間が増えることによってストレス発散になるのであれば、どんどんお金を使うべきでしょう。

そして、何より何事も頑張りすぎない事!!

健康第一です。

そのためには自分に甘々でいいのです。

仕事が忙しく疲れきってしまっているのなら、辞めてしまってもいいじゃない!

家事が大変ならやらなくていいんです!

人間関係で悩んでいるのなら、そのコミュニティーから今すぐ逃げてください!

とにかく自分に優しくあってください。

そうすれば、体の中で悪さをする病原体は居心地が悪くなります。

何度も言いますが、

病原体の一番の好物は『ストレス』

ストレスを溜めないことが一番の予防医療だと私は思っています。



それでも1つは生命保険に入っていたいあなたへ

もちろんリスク管理は大切ですよね。

だからと言って、外交員の方にただ聞くだけではなく、ご自身で知識を得ることも必要です。

どんな保険があるのか、今の保険は本当に自分に合った保険なのか、自分と同年代の人はどんな保険に入っているのか等、しっかり情報収集をしましょう!

 まずは資料請求をしてみよう

資料請求は無料なので気楽に申し込んでみてはいかがでしょうか。

申し込むかは別として、どんな保証があるのかざっと目を通しておくだけでも今後のリスク管理の役に立つと思いますよ。

生命保険一括資料請求サービス

一度きりの大切な人生だから・・・

将来の事を考えるのは勿論大事ですが、本当に大事なのはです。

保険に限らず、将来の事ばかり心配していてもしょーがないです。

もし、保険という制度が将来なくなっていたら?

そんな事は誰にもわからない。

だからこそ、しっかり人生を見つめ直して、今の自分に本当に大事だと思えるものを考えてみて下さいね。

常に今を犠牲にしない生き方をしてほしいとMIDORIは願っています。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

Let’s ずぼライフ!!

シェアする